テクノロジック・リフレーミング

vol.1 「ウェル・ビーイング」から「ビーイング・ウェル」へ

目次
ダイアログ・レビュー
「理想の人間像」はいろいろあった!
理想を目指すことは「幸せ」なのか?
「ビーイングウェル」を目指す「問いとしてのデザイン」
リサーチャー・ボイス
参加者の声
本日のセミナーいかがでしたか?

古賀徹

九州大学教授、哲学、デザイン思想
近代社会の諸問題を哲学的に考察する一方で、デザインの基礎論にも取り組む。

山内泰

一般社団法人大牟田未来共創センター理事
ドネルモ代表理事
株式会社ふくしごと取締役
東京大学先端科学技術研究センター特任研究員

テキストで読む

1004字

PDFをダウンロード

1004字

テクノロジック・リフレーミング

1020字 1020字 テクノロジック・リフレーミング

人間に寄り添うテクノロジーは、(事実ではなく)「実感」にフォーカスする!?

2022年3月12日
1220字 1220字 テクノロジック・リフレーミング

制御型から自律型へ:「ウェルビーイングの探求」を支える技術のありかた

2022年4月6日
1000字 1000字 テクノロジック・リフレーミング

情動のインターフェースと体験の「きっかけ」をサポートする技術

2022年4月25日
1066字 1066字 テクノロジック・リフレーミング

人工知能は「人間」を相対化する!?―人工知能の「身体」と日本的文脈の問題

2022年4月25日